神戸学院大学 入試情報サイト

KC Blog

神戸女学院での学び

授業:ジャーナリズム論

2018年05月22日
  • Posted by achan
  • みなさんこんにちは。文学部 総合文化学科 3年生のachanです。
    今回は、私が履修している授業の中でおすすめを紹介します。
    それはジャーナリズム論です。

    みなさんは、ジャーナリズムやジャーナリストという言葉を耳にしますか。
    私はテレビを通じてよく聞いていました。
    しかし、直接学び、触れる機会というものは限られているように思います。

    ジャーナリズム論の授業で学んでいるのは、
    表面から物事を見るだけではなく、「報道されていない裏側の情報や人は、
    実際にはどのような状況・立場なのか」ということです。
    例えば、悪となる立場の人にも家族がいると考えてみると、見方が変わってきますよね。
    他にも「可愛らしいキャラクターが私達に語りかけている本来の意味とは?」
    などを考えます。

    最初の授業では、与えられて気づく事が多かったのですが、
    今では学んだ事が生活の中で生きているのを実感します。
    「これは真実なのか」「これはどういうことを示しているのだろう」という疑問が
    常にわたしの中に存在するようになりました。
    このような疑問や物事の本質を見ようとする目は、
    「知る」という可能性を広げると感じます。
    担当の先生には、「枠の外を見てみる」ことが大切だとよく言われます。

    総合文化学科の授業はどれも面白く、興味深いものばかりです。
    気になった方はぜひ、総合文化学科のページを
    見てみてください!(^^)



    写真は、ジャーナリズム論のノートの一部です。

    この記事を書いたスタッフ
    achan

    大学での学び

    2018年05月18日
  • Posted by みづ
  • みなさん、こんにちは。
    文学部 総合文化学科 3年生のみづです。

    最近は日中汗ばむ日もありますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
    体調にはくれぐれも気をつけてくださいね!
    写真は私が1番落ち着く場所である図書館本館です。



    さて、今回は私が先輩方の卒業論文を読んで感じたことを紹介します。
    総合文化学科では3年生から専攻ゼミが始まります。
    そのゼミでは、4年生で取り組む卒業論文に向けて学びを深めていきます。
    私は今年3年生になり、卒業した先輩方の論文の校正をゼミで任されました。
    この機会に初めて卒業論文を読みました。
    今までは卒業論文とはどのようなものか、あまり分かっていなかったのですが、
    今回で大まかなイメージをつけることができました。

    先輩方の論文の中には、神戸女学院大学の学びの特徴であるリベラルアーツを
    活かしているものもありました。
    神戸女学院大学では自分の専門分野だけではなく、
    様々な分野の勉強をすることで、視野を広げることができます。

    私自身もマイナープログラム(旧:リベラルアーツ&サイエンスプログラム)の
    心理行動科学分野を履修しています。
    総合文化学科の勉強だけでなく、心理・行動科学科の勉強もすることで、
    様々な視点から1つの物事を見て、新たな発見ができるようになりました。

    神戸女学院大学ではリベラルアーツだけではなく、
    他にも特徴的な学びがあります。
    ぜひ調べてみてください!!

    この記事を書いたスタッフ
    みづ

    ゼミについて

    2018年04月23日
  • Posted by あんこ
  • 皆さんこんにちは(^o^)/
    人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 3年生のあんこです!
    日中は汗ばむ日も増えてきましたね。
    皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

    今回は、4月から始まったゼミについて紹介します!!

    私が所属している環境・バイオサイエンス学科では、3年生から研究室(ゼミ)に所属します。

    私は健康医学研究室に所属しています。
    男女の人体構造の違いについてや、
    老化、生活習慣など日常生活の上で問題となる健康医学上のトピックにについて学びます。
    病気を治すだけの医学ではなく、健康のための「からだの科学」を
    分子や細胞レベルで考えるところから始め、
    ヒトの健康問題について実験を通じ、研究を行います。



    上の写真は授業で使っている教科書とノートの一部です。
    各項目について予習し、授業ではそれを元にグループで話し合って理解を深めます。

    自分1人では分からない部分もゼミの仲間と考えることで理解でき、
    そういう時は達成感を味わえます。
    先生の解説もとても分かりやすいです。
    少し先の話にはなりますが、今年の夏休みの宿題に
    4年生で行う卒業研究のテーマを考えるというものがあります。
    何にしようか考えるのが、今から楽しみです。

    この記事を書いたスタッフ
    あんこ

    通訳・翻訳プログラム

    2018年04月13日
  • Posted by ゆう
  • みなさんこんにちは!
    文学部 英文学科 3年生のゆうです。
    長い春休みが終わり、いよいよ新学期が始まりました!

    今回は通訳・翻訳プログラムについてご紹介します。
    これは2年生から全学科の学生が受講できるプログラムです。
    履修には一定の条件をクリアした上で選考を受ける必要があるのですが、
    私のおすすめの授業なんですよ^^

    このプログラムの魅力は、なんといっても最新の設備を使って授業を受けられることです。
    通訳の授業では、1人1台ずつ用意されたパソコンやヘッドフォンを使用します。
    音声の録音もできるので、自分の英語を何度も繰り返して聞くことができます。



    防音の通訳ブースもあるんですよ!

    また、講師の先生方は実際に現場で活躍されているので、
    より実践的な授業となっています。

    通訳や翻訳には英語はもちろん、日本語に対する深い理解が重要となります。
    改めて母国語を勉強し直すのも新鮮で、とても楽しいんですよ^ ^

    このように、高校ではなかなかできない学びが神戸女学院大学にはあります。
    ぜひ一度、カリキュラムや授業内容についての案内を見てください!

    この記事を書いたスタッフ
    ゆう

    ホスピタリティ講習会

    2017年12月19日
  • Posted by あんこ
  • 皆さんこんにちは(^o^)/
    人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 2年生のあんこです!
    本年も残すところあと僅かとなりました。

    私は特色プログラムである、キャリアデザインプログラムの中から、
    ホスピタリティ・マネジメントコースを受講しています。

    このコースでは、「おもてなし」の本質「ホスピタリティ・マインド」の
    重要性について学びます。
    仕事、家庭などの様々な対人関係の基礎となるコミュニケーション能力や、
    社会で通用する提案力、企画力などを身に着けるために学んでいます。

    先日行われた「ホスピタリティ講習会」では、自己紹介をする時の工夫を学んだり、
    妊婦、車イス、高齢者体験をしたりしました。



    妊婦体験の時に撮ってもらった写真です。
    お腹に9ヶ月目の赤ちゃんがいると仮定した重りを装着しました。

    妊婦さんや高齢者の方の動きがこんなにも大変だとは思いませんでした。
    階段の上り下りはもちろんの事、椅子に座っているだけでも息苦しくて驚きました。

    この体験を通し、妊婦さんや高齢者に対する気遣いの重要性を改めて学びました。
    街中で出会った時は、今まで以上に積極的に助けになろうと思います。

    この記事を書いたスタッフ
    あんこ

    環境科学実習

    2017年11月29日
  • Posted by あんこ
  • 皆さんこんにちは(^o^)/
    人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 2年生のあんこです。
    吐く息も白さを増して、いよいよ冬の訪れを感じています。
    皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

    今日は、環境・バイオサイエンス学科の
    環境科学実習の授業についてご紹介します!!

    今回の実験は、自分の家で出た排水を持ってきて、
    その中に含まれる陰イオン界面活性剤の濃度を調べるというものでした。

    陰イオン界面活性剤とは、合成洗剤の洗浄効果に用いられるもので、
    環境中に流れると水生生物に悪い影響を及ぼします。

    私は誰も入っていないお風呂の水を試料として使いました。
    蛇口から出たばかりの水のはずなのに、
    水性水質基準よりも高い濃度が検出されました。

    そこでお風呂用の洗剤を調べてみると、
    中に界面活性剤として使われている物質がたくさんありました。
    浴槽を洗った時に、すすぎ残しがあったのかもしれません。
    そして、洗ってすすぐということは、それだけ環境中に流れるということなので、
    浴槽を洗う時の洗剤の量ももっと気にしないといけないなと思いました。



    この写真は、実習中のものです。
    試料から実験では使わない廃液を取り除いているところです。

    神戸女学院大学は少人数制の授業が多く、
    環境・バイオサイエンス学科の学生はひとりひとりに実験をする機会があります。

    私は、授業の中で実習している時間が1番大好きです!!

    この記事を書いたスタッフ
    あんこ

    中国語

    2017年11月24日
  • Posted by まつこ
  • 皆さんこんにちは(^-^)/
    文学部 総合文化学科 2年生のまつこです。
    今回は第二外国語についてお話ししたいと思います。

    神戸女学院大学では、英語の他に第二外国語を必須で学びます。
    言語はドイツ語、フランス語、イタリア語、
    中国語、韓国語などから選ぶことができます。

    私は1年生の時から中国語を学んでいます。
    2年生になると少し難しくなったように感じましたが、
    見たことのある単語などが増え、楽しくもあります。
    文法と会話の授業があり、
    特に今私が履修している会話のクラスは人数が少なく、発表する機会が多いです。

    勉強していくにつれて読んだり、話したりできるようになるので楽しいですよ(^^)


    この記事を書いたスタッフ
    まつこ

    卒業論文

    2017年11月01日
  • Posted by りこ
  • みなさんこんにちは^ ^
    人間科学部 心理・行動科学科 4年生のりこです。
    日に日に寒くなってきましたね~!
    私は今、ランニングにハマっていて、寒い中頑張って走っています!!
    以前は体調を崩しやすかったのですが、
    最近は運動しているためか調子がいいです♪
    受験勉強に疲れてきたら体を動かすといい気分転換になりますよ♪

    さて、今回は私が今書いている卒業論文についてご紹介します★

    私は、絵本「ピーターラビットのおはなし」から
    擬人表現などを心理学的に研究しています。
    ピーターラビットと聞くと、心理学とは関係ないと思うかもしれません。
    ですが、この表現にはどういう心理が働いているのか、
    この挿絵はどのような背景があって挿入されているのかなど、
    心理学的に考察できるんですよ♪

    神戸女学院大学の心理・行動科学科では、卒業論文が必須です。
    自分の興味があるものや、分野について研究していきます。
    私は、ピーターラビットについて研究していますが、
    他のゼミ生は、犯罪心理学について研究したり、音楽について研究したり、
    人魚姫とディズニーキャラクター"アリエル"との関係性について
    研究したりと様々です^ ^

    ゼミで進捗発表会をするときは、
    色んな研究報告が聞けるのでとても刺激になります♪

    卒業論文なんて何をテーマにしたらいいかわからないと思うかもしれませんが、
    全然心配いりません!笑

    例えば、毎年2月には先輩方の卒業論文発表会が行われ、
    在学生は自由に参加できます。
    それを参考に自分のテーマを決めていくのも一つです^ ^
    私も、最初はなにをどうしたらいいかわかりませんでしたが、
    先輩方の発表を聞き、イメージを膨らませました^ ^

    神戸女学院大学に入学したら、卒業研究テーマの材料集めのためにも、
    ぜひ卒業論文発表会に参加してみてくださいね^ ^



    この写真は、ゼミで行われる進捗状況の発表会用資料です。
    先生が丁寧に添削してくださるのでとても勉強になります!

    この記事を書いたスタッフ
    りこ

    ゼミ

    2017年10月30日
  • Posted by ゆうみん
  • みなさんこんにちは!
    文学部 英文学科 3年生のゆうみんです。

    冷え込む日が多くなってきましたが、
    みなさん体調に変わりありませんか?

    さて、今回はゼミについてお話しようと思います。

    英文学科では、3つのコースからゼミを選びます。
    私は、言語・コミュニケーションコースのゼミに入りました。

    ゼミでは、卒業論文のテーマを設定し、
    完成に向けてリサーチや執筆をしていきます。
    最終ゴールは、英語でA4用紙20枚の論文を書くことです。

    今はちょうどテーマを決めた段階で、
    これから文献や資料を集めてリサーチを進めていきます。
    まだ始まったばかりなので、順調に進められるのか不安もありますが、
    無事に完成させられるように頑張ります!



    この写真は、先日ゼミ合宿で行った滋賀県の琵琶湖です。
    後期授業が始まってすぐの土日に、先生とゼミ生で合宿に行きました。
    ワークショップがあったり、
    みんなでごはんを食べながらいろいろな話をしたり、
    とても充実した時間を過ごせました。

    これから約1年半、一緒に頑張っていくメンバーなので、
    仲良くなれてよかったです!
    普段のゼミも和気あいあいとした雰囲気で楽しくやっています^-^

    この記事を書いたスタッフ
    ゆうみん

    文献ゼミ

    2017年10月04日
  • Posted by まつこ
  • 皆さんこんにちは(^-^)/
    文学部 総合文化学科 2年生のまつこです。
    後期の授業が始まりましたー!!
    履修登録も終わり、いよいよ本格的に授業が進もうとしています。

    今回は、文献ゼミについてお話したいと思います!

    総合文化学科では1年生からゼミがあります。
    1年生の「基礎ゼミ」、2年生の「文献ゼミ」、
    3・4年生の「専攻ゼミ」と、4年間で段階的に専門性を高めていきます。
    私は今までに日本語学、日本近現代史、
    社会学・メディアの3つのゼミで学んできました。
    そして、今回は東アジアの歴史を勉強するゼミに入りました。

    10月は指定されたテキストを読んでレポートを書き、
    グループで議論をするというのが主になります。
    そして11月からは中国史についての本を読みます。
    下の写真が10月のテキストです。



    ゼミは少人数なので発言する場が一人ひとり設けられています。
    3年生になれば専攻ゼミに入り、
    自分の卒業論文のテーマを決めていくことになるので、
    今のうちから自分が学びたい分野は何なのか、
    しっかり考えていこうと思います。

    この記事を書いたスタッフ
    まつこ
    1  2  3