神戸学院大学 入試情報サイト

KC BLOG

KCブログ

学生スタッフが交代で、学生生活の様子や
受験生に向けてメッセージを発信します。

通訳・翻訳プログラム

2018年12月06日
  • Posted by ゆうみん
  • みなさんこんにちは!
    文学部 英文学科 4年生のゆうみんです。

    今回は、通訳・翻訳プログラムについてお話しようと思います!

    通訳・翻訳プログラムは、一定の条件を満たせば学科を問わず、2年生から受講できる授業で、私も2年生から継続して受講しています。

    2年生・3年生の時は、週に1コマずつ通訳と翻訳の授業がありましたが、現在は、通訳の授業が週に2コマあります。
    難しいものも多いですが、英語力を上げるべく頑張っています!

    通訳には、逐次通訳と同時通訳の2種類があり、4年生になってからは同時通訳の勉強をしています。

    逐次通訳は、話者が数センテンス(文)話してから一旦止まり、そのあと通訳者が通訳をします。
    同時通訳は、話者が話し始めたらそれを追いかけるようにすぐに通訳をします。

    同時通訳は、情報を整理したり考えたりする時間がないので、逐次通訳以上に難しいです。
    上手くできないことも多々ありますが、先生が丁寧に教えてくださるのでもっと頑張ろうと思えます!

    通訳・翻訳プログラムを通して学んだことは多く、英語力も身についてきたかなと感じています。
    卒業まで残り少し、もっとステップアップできるように勉強に取り組もうと思います!



    この写真は、授業後に撮った1枚です。
    ヘッドホンから流れるスピーチを聞き、マイクに向かって通訳をします。
    自分の通訳を録音して、あとで聞き直せる機能があったり、本格的な同時通訳ブースがあったりと、とても恵まれた環境で勉強できます。

    もし興味があれば、オープンキャンパスなどで学生スタッフにぜひ尋ねてみてくださいね^-^

    この記事を書いたスタッフ
    ゆうみん

    最近の記事