神戸学院大学 入試情報サイト

KC Blog

スタッフ「あみてぃ」の紹介。

皆さんこんにちは。
文学部 総合文化学科 1年生の"あみてぃ"です。
他大学のダンスサークルに所属しています。
将来の夢はアナウンサーで、現在、養成スクールに通っています。
高校の国語の教員免許を取るために、教職課程も受けてます。
このブログで神戸女学院大学に通う学生の日常が伝えられたらいいなと思っています。

間近に迫るセンター試験

2019年01月16日
  • Posted by あみてぃ
  • 皆さんこんにちは。
    文学部 総合文化学科 1年生のあみてぃです。
    最近寒さが厳しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
    受験生の皆さんは特に風邪に気をつけてくださいね。

    1月も半ばになりました。
    今週末はセンター試験ですね。
    自分が受験してから、もう1年が経ったのだと驚きました。
    今回はセンター試験前の英語の勉強についてお話します。



    私が受験生だった頃、英語に関しては文法の参考書と、単語帳で勉強していました。
    センター試験の過去問題集を解き、解けなかった問題はこの2つで確認する、という勉強をずっと続けていました。
    参考書は何度も解いて覚えてしまっていたので、過去問題集で解けなかった箇所と見比べて、自分の苦手なところを探していました。

    使い込みすぎて、解答を覚えてしまったからといって、新しいものに手を出さなくてもいいんです。
    自分が今まで信用して解いてきたテキストを見直すことが大切だと思います。

    入試本番は誰でも緊張してしまいます。
    ですが、私は自分で書き込み、ボロボロになった参考書を見て、自信を持ち、落ち着いて本番を受けることができました。

    本番までに頑張れることはたくさんあります。
    たった一回しか受けることができないその【本番】に向けて、焦らず、できることから見直していきましょう。
    頑張る人はきっと報われるはずです。

    私も期末試験の勉強頑張ります(*^^*)
    自身のベストで挑めるよう、頑張ってください!!

    皆さんこんにちは(^-^)
    文学部 総合文化学科 1年生のあみてぃです。

    皆さん神戸ルミナリエをご存じですか?
    「ルミナリエ」とはそもそも、ヨーロッパのバロック時代を起源とします。
    当時の祭礼や装飾芸術のひとつとして誕生し、光の魅力を存分に生かした建築物だそうです。

    「神戸ルミナリエ」は1995年1月17日に起こった阪神・淡路大震災の記憶を次世代に継ぐことを目的として始まり、今でも神戸の街に夢と希望を与えて続けています。

    神戸女学院大学の最寄り駅は阪急電車の門戸厄神駅です。
    その門戸厄神駅から会場のある神戸三宮駅までは、およそ20分程度ですが、とても多くの人が神戸ルミナリエを見に来ていたため、会場まで行くのにとても時間がかかりました(笑)
    ですが、神戸の夜の街はとても幻想的で、途中の道でもたくさん写真を撮りました(*^^)v
    みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね!

    この写真は神戸ルミナリエの終点で撮った写真です。


    1