ヴォーリズ建築見学☆

  • 2017年9月19日
  • Posted by ふう

皆さん、こんにちは!
人間科学部 心理・行動科学科 1年生のふうです。
9月に入ってから少し涼しくなり、過ごしやすくなりましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は現在「岡田山移転期の神戸女学院とヴォーリズ建築」という
集中講義を受講しています。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した、
重要文化財である神戸女学院を、
建築という観点から詳しく学んでいく授業です。
先日その授業の一環で滋賀の近江八幡市へ行ってきました!

ヴォーリズ記念館、ハイド記念館、ヴォーリズ記念病院を見学しました。
写真はその病院の礼拝堂です。



見学したどの建物も、神戸女学院のキャンパスと
似ている部分や雰囲気がありました。
建物を使う人・使う目的・その建物にある未来に合わせて
それぞれ工夫が凝らされており、それがヴォーリズ建築にある暖かみなのだ、
というお話がとても印象に残っています。

これまでの授業では、自分が通っているキャンパスについても学びました。
どんな方が、どんな思いで作った場所なのかを学んだことで、
より学校が好きになりました。
また、そこにいる自分も好きになれるような気がしています。
この授業をとったおかげで私の学生生活はもっと充実したものになりそうです。

今回、近江八幡で学んだことをふまえて、
改めて神戸女学院に凝らされた工夫を発見したいと思いました。
後期のキャンパスライフが楽しみです!(*^▽^*)

ヴォーリズ建築見学☆のページ先頭へ戻る