学生スタッフブログ「KC Blog」

図書館本館の魅力

皆さんこんにちは(^_^)
文学部総合文化学科2年生のゆりのんです。
神戸女学院がある岡田山では、急に雨が降ったり蒸し暑くなったりと不安定な天気が続いていますが、着々と夏に向かっている証だなと感じます。

今回は、私が毎日のように足を運んでいるお気に入りの場所を紹介します。

それは、図書館本館です。

神戸女学院大学には図書館が2棟(図書館本館と新館)あり、そのうちの1棟の図書館本館がお気に入りの場所です。

図書館本館は、1933年キャンパス移転の際、ヴォーリスの設計によって建てられた建物です。歴史や伝統を感じながら勉学に励むことができるのも神戸女学院大学の魅力です。また、目に優しい光が差し込むように設計された大きな窓、木製の味のある机、華やかな天井。と、とても素敵な場所です。
このような場所で勉強ができるのは、神戸女学院大学の学生の特権です(⌒▽⌒)

 

6月22日(日)に行われるオープンキャンパス*ではキャンパスツアーを実施しています。ぜひ、この機会に神戸女学院大学の建物、雰囲気を味わってみてください。

小林.jpeg小林★.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本文中の*をクリックするとリンク先へつながります。

 

びわ娘

皆さん、初めまして。
音楽学部音楽学科声楽専攻3年生のひかりです。
約半年間ではありますが、このブログが皆さんの楽しみの1つになるように頑張ります!

さて私は、6月14日(土)に西宮神社で行われた「おこしや祭り」という関西で最も早い夏祭りにびわ娘として参加しました♪
「おこしや祭り」は1571年に行われた記録がある古いお祭りです。
昔、えびす様が漁師の網にかかり、その託宣に従って「良き地」へ移す途中、えびす様が四条辻で居眠りしたため、漁師は尻をつねって起こしたという伝説があるそうです。そのため「尻ひねり祭り」や他にもびわをお供えするから「びわ祭り」、また、西宮ではこの日から浴衣を着初める習慣がある、ということで「ゆかた祭り」とさまざまな呼び方があります。

私たちびわ娘は、神社から四条辻まで約1キロを神輿と共に練り歩きました。
旬のびわを町の皆さんや参拝者の方々に配り、伝統のあるお祭りに参加することができ、とても良い経験になりました!
また、このお祭りには留学生も参加することができ、会話は英語に日本語に中国語に...とても多彩でした!


写真は、びわを持って練り歩いている様子と神戸女学院大学から参加した、留学生と学生です。

 

ふじい1.JPG

ふじい2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

6月22日(日)は神戸女学院大学のオープンキャンパス*です★
皆さんのお越しを心よりお待ちしております。

 

※本文中の*をクリックするとリンク先へつながります。

忍者レストラン

  • 2014年6月16日
  • Posted by Azusa

こんにちは!
文学部英文学科3年生のAzusaです♪

先日、雨上がりの空に虹が見えました。
みんなが空を一斉に見上げて見せる笑顔。
梅雨も悪くありませんね(*^^*)

さて、先日東京から大好きな友達が関西に遊びに来てくれました!
その日、私は午後から授業があったので、午前中は一緒に京都観光へ。
天気も良く、久しぶりの京都を目一杯楽しむことができました♪

その中でも新鮮だったのは、初めて行った「忍者レストラン」です!
お店の前に忍者がひとり。
案内されて中に入ると、真っ暗な洞窟の様な世界が広がっており、まるで忍者の隠れ家です。
ランチはとても美味しかったです。途中、忍者が巧みなマジックを披露してくれ、ちょっとした現実逃避もできました。短い時間でしたが充実した時間を過ごすことができました(*^^*)!!東京からわざわざ来てくれた友達に感謝です!

毎日のちょっとした楽しみを大切にして、中間テストも頑張ろうと思えた1日でした。みなさんも自分の好きな時間を大切にして、勉強を頑張ってくださいね。

大学生活についてや、受験勉強についてなど何か疑問がありましたら、6月22日(日)に実施されるオープンキャンパス*や7月から始まる受験生ルーム*などを利用して、何でも相談してください。
私たち、学生スタッフが皆さんをお待ちしています(^o^)/*

 

あきま.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

写真は京都で撮った鴨川の景色です。


※本文中の*をクリックするとリンク先につながります。

プチリサイタル☆

  • 2014年6月14日
  • Posted by まる

皆さんこんにちは!
音楽学部 音楽学科声楽専攻1年生のかげです!
最近暑くなってきてついつい自動販売機で飲み物を買ってしまいます(笑)
皆さんは夏バテしていませんか?
水分補給はこまめにしてくださいね♪( ´θ`)ノ

今回は、イタリア語の授業についてお話したいと思います(^_^)

声楽専攻の学生は、必須科目でイタリア語を履修しています。
声楽専攻の学生がいつも練習している楽曲はイタリア語が多く、今回イタリア語の
授業に他学科の学生の前でイタリア歌曲を披露させてもらうことになりました。
人前で歌うのは久しぶりでとても緊張しました(笑)
他の声楽専攻の学生の歌を聴くのも初めてで、また聴きたいな♪と思うほどとても迫力のある、綺麗な歌声で、私も頑張らないと!と、良い刺激をもらいました。

音楽学部では、中高生を対象に音楽(器楽・声楽・ミュージッククリエィション専攻)と舞踊(舞踊専攻)の夏期講習*を行っています。
この夏期講習には申し込みが必要になるので、詳しくは神戸女学院大学音楽学部のホームページ*をご覧いただくか、もしくはお電話でお問い合わせください。
興味のある方は、ぜひこの機会に音楽学部の授業を体験してみてください。

 

影原1.jpeg

kagehara 2.png

 

 

 

 

 

 

写真は楽しい授業風景と同じ声楽専攻のみぃちゃんの発表風景です(*^-^*)♪


※本文中の*をクリックするとリンク先へつながります。

英文学科の授業!

はじめまして、こんにちは!
文学部 英文学科 1年生のななみです(*^^*)
みなさん体調はいかがですか?

今回は、神戸女学院大学の授業についてお話したいと思います。

神戸女学院大学の授業は20人程度と少人数制のため先生との距離も近く、内容の濃い授業を受けることができ、英語をはじめ他の科目もしっかりと勉強できるのでとても嬉しいです!
最初は英語の授業についていけるか不安でしたが、TOEICの点数に基づいたクラス分けがあり、自分の実力に合った授業を受けられるので不安はすぐになくなりました!

大学では第二外国語といって、英語以外の言語を勉強することができます。
英文学科ではドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、朝鮮語の全部で5言語あり、私は中国語を選択しました。
英語と違う言語を勉強するのもおもしろく、発音は苦労していますが楽しく授業を受けています。

他には体育学も履修しています。
この授業は、色々なジャンルの体育実技と理論を学びます。
実技もたくさんあり、自分にあったものを選択するこができます。
高校の体育とは違い運動の苦手な学生でも楽しめるように工夫がされていて、ストレッチヨガやピラティスなどもあります。
この前の授業ではバランスボールを使った授業でした。

今回紹介した授業以外にもたくさんあります!
神戸女学院大学についてや、授業についてもっと知りたい方はぜひ、6月22日(日)のオープンキャンパス*へお越し下さい!

 

小松1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真は、普段授業を受けている教室です。

 

※本文中の*をクリックするとリンク先へつながります。

春期語学研修

みなさん初めまして!
文学部英文学科2年生のykです。

6月に入り、本格的に暑くなってきましたね。
私は、この春休みにオーストラリアにあるクイーンズランド大学へ語学研修に行ってきました。オーストラリアは季節が日本とは真逆で十分夏を満喫したのに、また夏がきてしまいました。
苦手な夏を乗り切るためにしっかり気合を入れて、頑張りたいと思います!笑

今日はみなさんに、語学研修のお話をしたいと思います。
これは、神戸女学院大学の留学プログラムの1つで、英文学科だけではなく全学科応募することができます。

語学研修を終え、思うことは本当に行ってよかったということです。
私は中学生のときに機会があり、オーストラリアに行ったことがあります。
その時は毎日を受け身で過ごしていましが、今回は沢山のこと挑戦し、吸収することができました。

クイーンズランド大学は様々な国籍の人が集まる大学です。
私たちにはあまり馴染のない欧米文化の1つでもある、挨拶のキスや積極的に意見を言うなど、直に文化に触れることができました。
研修先でできた友達をはじめ、素敵なホストファミリーにも出会い、人の在り方を学ぶこともできました。

また、自分自身の変化にも気づくことがありました。
日本人は恥ずかしがって自分の意見を言わないからダメ、積極的じゃないからダメ、とよく聞きますが、私は相手を尊重する日本の文化も間違いではないと思います。日本の文化、外国の文化どちらが正しいとかはありませんが、自分自身の成長のために様々な文化に触れ、刺激を受けることはとても良いことだと思います。

語学研修は外国の文化を吸収し、自分を前向きに変えていける良い機会でした。
また大学生の間に大好きなものを見つけ、それに気づくことができたのはとても嬉しく、私の大きな財産の1つになりました。
私にとってこの5週間は人生の中でとても貴重な時間となりました。

皆さん、神戸女学院大学は様々なチャンスを与えてくれるので自分の好きなこと、
夢中になれるものを見つけることができる大学です。

他にもたくさんのことを学んだので、少しずつブログでお話していきたいと思います。

藤本さん1.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

写真はクイーンズランド大学のシンボルです。
5週間という期間ではありましたが、海外大学の雰囲気を味わえたことは
忘れられない経験になりました!!

 

 

 

学外相談会♪

  • 2014年6月11日
  • Posted by Yuriko

皆さん、こんにちは!
文学部総合文化学科4年生のYurikoです。
もう夏だなあ~と感じる季節ですね(*^^*)

5月31日(土)、神戸(三宮)にあるグリーンハウスアクアというとても素敵なカフェで、関西の4つの女子大学が集結した学外相談会(NAL JOSHI)に参加させていただきました。
高校生の皆さんとドリンクとケーキを楽しみながら、受験のことや、大学の雰囲気などの質問にお答えするスタイルの相談会でした。

神戸女学院大学のブースにお越しいただいた高校生の皆さんの中には、「オープンキャンパスに行きます!」「神戸女学院大学に興味が沸いた。」と言ってくださった方々もいて、本当に嬉しかったです。
また、トークショーにも参加し、私の大学生活のことや、入学の決め手になったこと、学校帰りに寄るお店のことなど沢山お話をさせていただきました!
相談会などで、受験の事でも、大学生についてでも学生と直接お話すると進路のイメージがしやすくなると思います。

6月22日(日)には神戸女学院大学でオープンキャンパス*が行われ、学生スタッフと個別に相談ができるフリートークコーナーを設けていますので、何でも相談して下さいね♪

 

sakata!.JPG

sakata.jpg

 

 

 

 

 

 

 

写真は相談会でのドリンクとケーキのセットです。
もう1枚は、ご一緒した女子大学の皆さんと私です(*^^*)

※本文中の*をクリックするとリンク先につながります。

キャリアデザインプログラムについて

こんにちは!
文学部 英文学科3年生の奈那☆です!
今日は、副専攻プログラムの『キャリアデザインプログラム』についてお話したいと思います。


神戸女学院大学には、副専攻プログラムと言って自分の所属する学科のカリキュラムを履修しながら学科を超えた分野を学ぶことが出来るコースが用意されています。
『キャリアデザインプログラム』では、『メディア・コミュニケーション』、『アート・マネジメント』、『ポスピタリティ・マネジメント』という3つのコースがあり、どのコースも2年生の後期から始まります。
私はその中の『アート・マネジメント』コースを受講しています。
このコースは、現代美術作品の鑑賞、古典的なダンスやコンテンポラリーダンス、
宝塚歌劇団の公演の鑑賞など様々なアートについて触れ、感じていきます。

最近とても面白いとおもったのは色々なミュージカルの見比べなどを行い、相違点や類似点など考察していく授業です。
同じミュージカルでも公演する団体が違えば雰囲気がガラッと変わり、その公演中に使われる曲の捉え方も違ってきます。
また、「劇団態変」という劇団があるのですが、この劇団は身体障がい者にしか演じられない身体表現を追求するコンテンポラリーダンスのパフォーマンスグループです。
この劇団の代表の方が、授業で講演をしてくださったこともありました。

私はこの授業を毎週楽しみにしており、わくわくしながら受けています。
これからも一回一回の授業を大切にしていこうと思っています!!!


藤田1.jpeg

藤田2.jpeg 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真はこれから夏を迎える神戸女学院大学のキャンパスの風景です。
本当に美しく圧倒されます!
 

5月22日

こんにちは、おりおんです。
日差しが強く夏らしくなってきましたが、みなさんはどのように過ごされていますか?私はこの時期の中庭の風景が1番好きなんです!
芝生も木々も新緑の季節を迎え、校舎と青空と影とのコントラストはほんとうに美しいんですよ!!
6月のオープンキャンパス*にいらっしゃる方はぜひ中庭も見てくださいね。

さて、ブログのタイトルの【5月22日】ですが、いったい何の日だと思いますか?
この日は神戸女学院の創設者の1人である、イライザ・タルカット先生の誕生日なのです。神戸女学院では毎年、神戸市立外国人墓地で「創立者記念日墓前礼拝」を行っており、私は初めて参加しました。
墓前に置かれた聖書が開かれた形の石には、神戸女学院の学院標語である『愛神愛隣』と書かれていました。
タルカット先生は宣教師として神戸に来日して女学校(のちの神戸女学院)を設立し、初代校長になられました。
以来、必要とされれば岡山・京都・広島などにも伝道に行き、人々の要望にフットワーク軽く応えられる方であったそうです。
今回、友人に声をかけてもらい参加した創立者記念日墓前礼拝でしたが、
私もタルカット先生のように呼びかけに快く応じられる女性でありたいと思いました。
 
今年も学生スタッフとして神戸女学院大学をみなさんにたくさん伝えていきたいと思っています。
オープンキャンパス*などでお会いできることを楽しみしています!

 

石田.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本文中の*をクリックするとリンク先につながります。

アートマネジメント

みなさんこんにちは!
音楽学部 音楽学科ピアノ専攻2年生のまゆりんです。

みなさんお元気ですか?
この季節になると部屋の中と外の気温差が大きく体調を崩しやすいですが、大丈夫ですか?

今日は、授業で見学した場所について紹介します。

先日、授業の一環として大阪府にあるクラッシク音楽専用ホール いずみホールへ
見学に行ってきました!
演奏会などで何度か訪れたことはありましたが、普段は見ることができない舞台の裏側を見学させていただき、凄くドキドキしました。

西宮県立芸術文化センターのホールを見学したことがあり、今回見学させていただいたいずみホールと西宮県立芸術文化センターのホールの作り方の違いや
響き方の違いなどを感じながら見学させていただきました♪
一番驚いたのは、いずみホールにある大きなパイプオルガンです。
1990年にいずみホールが建てられた時に一緒に組み立てられ、建物と一緒にオルガンも生きてるんだなあと思い、感動しました。
 
この授業は、『アートマネジメント』といって講義とフィールドワークが交互に行われ、今は講義でアーティストや地域の方とホールの関係性などを学んでおり、フィールドワークでは、実際に色々なホールに見学に行きます!
 
普通は見ることができない世界を覗くことができる貴重な授業です♪

どの学部の方でも受けることができる授業です(*´▽`*)

 

中まゆり.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真はいずみホールで撮りました。*・'(*゚▽゚*)'・*。

 

Page 42 of 63
Prev [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] Next
KC Blogのページ先頭へ戻る