神戸学院大学 入試情報サイト

KC BLOG

KCブログ

学生スタッフが交代で、学生生活の様子や
受験生に向けてメッセージを発信します。

面倒見がよい大学

2019年03月05日
  • Posted by こったこ
  • こんにちは、人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 3年生のこったこです。
    3月初旬とはいえ、寒い日が続いています。
    梅のつぼみはまだ硬いようですが、関西でもチラホラと梅の花が咲きつつあります。

    さて皆さん、先日発表された「面倒見みがよい大学ランキング」を知っていますか?
    東洋経済ONLINEが先日発表したランキングで、全国のうち、神戸女学院大学は33位、また関西私大5位にランクインしました。
    (「面倒見がよい大学ランキング」はこちら

    そこで、私が「神戸女学院大学のここが面倒見がいい!」と思うところを紹介します。



    1つ目は、キャリアセンターの存在です。
    ここは進路について全力でフォローしてくれる所で、就職活動で困ったことがあれば相談に乗ってくれたり、面接練習をしてくれたり、幅広くサポートしてくれます。

    2つ目は、入学前に行われるTOEICテストです。
    TOEICの点数で英語のクラス分けをしているので、自分に合った英語の授業が受けられます。

    3つ目は、1年生のうちから実際に白衣を着て実験ができるところ(環境・バイオサイエンス学科限定)。
    実験器具の使い方や薬品の名称、レポートの書き方まで、1から教えてくれるところが面倒見がいいなあと感じます。
    他大学だと座学で教える所が多い中、実践を通して学ぶことが出来ます。



    最後に、KC進学ルーム。
    ここは主に土曜日に開いているお部屋で、入学センター職員と学生スタッフがいます。
    ここに行けば、受験生や高校生、保護者の方が入試や学生生活などの相談ができます。
    3月も開いているので、日時をチェックして遊びにきてください。
    (KC進学相談ルームについてはこちら

    この記事を書いたスタッフ
    こったこ

    最近の記事