神戸学院大学 入試情報サイト

KC BLOG

KCブログ

学生スタッフが交代で、学生生活の様子や
受験生に向けてメッセージを発信します。

環境科学基礎実習

2018年07月31日
  • Posted by らる
  • 皆さんこんにちは!
    人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 1年生のらるです。

    とても暑い日が続きますが、体調はいかがでしょうか?
    私は毎日、門戸厄神駅から歩いて通学しています。
    住宅街を抜けて神戸女学院大学の敷地内に一歩足を踏み入れると、木陰のおかげですっと気温が下がり、とても気持ちがいいです!
    小高い山の上にある岡田山キャンパスならではの利点です♪

    さて、今日のブログは前回に引き続き、実験の授業についてです。
    私の所属している環境・バイオサイエンス学科の1年生は、環境科学基礎実習とバイオサイエンス基礎実習があります。
    人数を、前期と後期で半分に分けて行います。

    私は前期に環境科学基礎実習を受講していました。
    1クラス20人前後と少人数で行う授業なので、分からないところはすぐ先生に質問することが出来ます!

    実習は全部で4種類行いました。
    この中で面白いな、と感じた実習は「ミジンコに対するシャンプーの毒性調査」です。
    お風呂等の生活排水が、河川などに棲む生物にどう影響を及ぼすか考察する、という実習でした。
    私達が普段使用しているシャンプーを用いて、ミジンコが元気に動き回っているか、弱って沈んでしまうか、などを観察しました。
    今は、実習で分かった環境に優しいシャンプーを家の中で使用しています!!



    このように、実験や実習を通して、身の回りの疑問が解消できた時には喜びを感じます!

    オープンキャンパスでは、環境・バイオサイエンス学科のことがよくわかる「リケジョ体験コーナー」もありますので、少しでも興味のある方は是非、のぞいて見て下さいね。

    この記事を書いたスタッフ
    らる

    最近の記事