神戸学院大学 入試情報サイト

KC BLOG

KCブログ

学生スタッフが交代で、学生生活の様子や
受験生に向けてメッセージを発信します。

大学での学び

2018年05月18日
  • Posted by みづ
  • みなさん、こんにちは。
    文学部 総合文化学科 3年生のみづです。

    最近は日中汗ばむ日もありますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
    体調にはくれぐれも気をつけてくださいね!
    写真は私が1番落ち着く場所である図書館本館です。



    さて、今回は私が先輩方の卒業論文を読んで感じたことを紹介します。
    総合文化学科では3年生から専攻ゼミが始まります。
    そのゼミでは、4年生で取り組む卒業論文に向けて学びを深めていきます。
    私は今年3年生になり、卒業した先輩方の論文の校正をゼミで任されました。
    この機会に初めて卒業論文を読みました。
    今までは卒業論文とはどのようなものか、あまり分かっていなかったのですが、
    今回で大まかなイメージをつけることができました。

    先輩方の論文の中には、神戸女学院大学の学びの特徴であるリベラルアーツを
    活かしているものもありました。
    神戸女学院大学では自分の専門分野だけではなく、
    様々な分野の勉強をすることで、視野を広げることができます。

    私自身もマイナープログラム(旧:リベラルアーツ&サイエンスプログラム)の
    心理行動科学分野を履修しています。
    総合文化学科の勉強だけでなく、心理・行動科学科の勉強もすることで、
    様々な視点から1つの物事を見て、新たな発見ができるようになりました。

    神戸女学院大学ではリベラルアーツだけではなく、
    他にも特徴的な学びがあります。
    ぜひ調べてみてください!!

    この記事を書いたスタッフ
    みづ

    最近の記事