練習舞台

皆さん、こんにちは(^-^)/
音楽学部 音楽学科 ピアノ専攻 2年生のどんちゃんです。
急に暖かくなりましたね。
1日の中でも気温の変化が激しいですが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

4月16日、私は本町までピアノの練習舞台を受けに行きました。
練習舞台とは、本番の前に人前でピアノを弾くことを経験しておこう!
というコンセプトの舞台です。
そしてこの練習舞台には3人のアドバイザーと呼ばれる先生方がいます。
アドバイザーの先生方は、演奏のコメントを講評用紙に書き、
1人ずつ渡してくれます。
コンクールみたいに合格ラインや順位があるのではなく、
個人個人に評価や感想がもらえるのです。

私は本番までにいつも2、3回この練習舞台に出ています。
練習舞台に出ることは、私にとってとても大きな意味があります。
なぜなら次の明確な課題・目標が見つかるからです!
私は過度に緊張するタイプなので、
なかなか1回目の練習舞台で「弾けた!」と思うことは少ないのですが、
その分しっかり課題を見つけ、次の練習に活かしています。
今回も自分で課題を見つけることができました!

本番は5月の上旬です。
それまでに課題を克服し、曲をしっかり弾けるように頑張ります!



この写真は練習舞台の会場です。
大きなホールではなく、サロンみたいなところでした。
ゆくゆくは音楽で繋がっている大学の友達や、
昔通っていた音楽教室の友達でコンサートが出来れば...と思っています。

練習舞台のページ先頭へ戻る