神戸学院大学 入試情報サイト

KC Blog

スタッフ「ウキ」の紹介。

皆さんこんにちは!文学部 英文学科 4年生のウキと申します。滋賀県出身で、現在は神戸に住んでいます。留学経験や、授業内容、キャンパス等、最終学年の視点で見る「神戸女学院大学での学生生活」を皆さんにお届けできればと思っています。よろしくお願いします!

私の所属する文学部英文学科についてはコチラ!

「出会い」

2017年04月04日
  • Posted by ウキ
  • こんにちは。
    文学部 英文学科のウキです!

    3月16日、神戸女学院大学を卒業し、
    4月からは社会人1年目が始まります。

    大学生活を終えた私が大学生活でぜひやって欲しいことは
    「これだけは誰にも負けない何かを見つける」ことです。

    漠然としていますが、
    それが語学であったり、趣味であったり、
    人それぞれに何かが見つかると思います。
    その「誰にも負けない何か=自分の好き」が
    皆さんの道になります。
    そしてそれを極めようとした過程で
    皆さんを大きく成長させてくれると思います。

    また様々なことを体験してみてください。
    その中からの「出会い」を大切にしてください。
    それは身近なことからでも出来ます。
    本や映画、人、旅など、ちょっとした「出会い」は
    自分自身の道を作る大きなキッカケです。

    神戸女学院大学では「出会い」が沢山あります。
    充実した留学制度や、留学生との交流会、
    他学部の授業も受講可能な柔軟なカリキュラム、
    様々なバックグラウンドをお持ちの先生方との
    意見交換がしやすい少人数授業、
    就職活動や資格取得の講座の開講...など。

    自分自身が行動すれば見つかる
    様々な「出会いの機会」をぜひ大切にして、
    「誰にも負けない何か」を見つけてください。

    卒業しました!

    2017年04月03日
  • Posted by ウキ
  • こんにちは!
    文学部 英文学科 4年生のウキです。

    3月16日、私は神戸女学院大学を卒業しました。
    本学の学長でもあり、オペラ歌手の斎藤言子先生が、卒業式の挨拶の際に、
    映画「サウンドオブミュージック」の挿入歌「Climb every mountain」を歌われ、
    卒業生達の背中を押してくださいました。

    毎日登下校する坂道で必ず鳴り響いていた
    声楽やピアノの練習の音、
    その音を聴きながら歩いていた
    あの時の感覚が鮮明に思い返されます。
    頭の中でも記憶しているし、五感でもきっちりと記憶しています。
    在学中はそれが当たり前となっていたあの環境が、
    卒業して登下校であの坂道を通ることがなくなった今になって
    本当に恵まれたものだったなと感じます。

    他大学の友人達は「大学では高校生の時ほど勉強しない」と
    言ってる人が多かったです。
    でも私は高校の時と変わらないほど猛勉強したと思います。
    少人数の大学だからこそ、文字通り厳しくも愛のある、
    1人1人をしっかりと見てくれる授業が多くありました。

    都会の喧騒から遠ざかったあの丘の上で
    「学び」に徹する環境が完璧に整った場所。

    やる気と明確な目標に満ちた友人達に切磋琢磨され
    自分自身も大きく成長出来る場所。

    いつでも心から信頼できる先生方、職員の方がいてくれる場所。

    それが神戸女学院大学だと思います。

    1