スタッフ「ウキ」の紹介

ウキ

皆さんこんにちは!文学部 英文学科 4年生のウキと申します。滋賀県出身で、現在は神戸に住んでいます。留学経験や、授業内容、キャンパス等、最終学年の視点で見る「神戸女学院大学での学生生活」を皆さんにお届けできればと思っています。よろしくお願いします!

私の所属する文学部英文学科についてはコチラ!

「出会い」

こんにちは。
文学部 英文学科のウキです!

3月16日、神戸女学院大学を卒業し、
4月からは社会人1年目が始まります。

大学生活を終えた私が大学生活でぜひやって欲しいことは
「これだけは誰にも負けない何かを見つける」ことです。

漠然としていますが、
それが語学であったり、趣味であったり、
人それぞれに何かが見つかると思います。
その「誰にも負けない何か=自分の好き」が
皆さんの道になります。
そしてそれを極めようとした過程で
皆さんを大きく成長させてくれると思います。

また様々なことを体験してみてください。
その中からの「出会い」を大切にしてください。
それは身近なことからでも出来ます。
本や映画、人、旅など、ちょっとした「出会い」は
自分自身の道を作る大きなキッカケです。

神戸女学院大学では「出会い」が沢山あります。
充実した留学制度や、留学生との交流会、
他学部の授業も受講可能な柔軟なカリキュラム、
様々なバックグラウンドをお持ちの先生方との
意見交換がしやすい少人数授業、
就職活動や資格取得の講座の開講...など。

自分自身が行動すれば見つかる
様々な「出会いの機会」をぜひ大切にして、
「誰にも負けない何か」を見つけてください。

卒業しました!

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。

3月16日、私は神戸女学院大学を卒業しました。
本学の学長でもあり、オペラ歌手の斎藤言子先生が、卒業式の挨拶の際に、
映画「サウンドオブミュージック」の挿入歌「Climb every mountain」を歌われ、
卒業生達の背中を押してくださいました。

毎日登下校する坂道で必ず鳴り響いていた
声楽やピアノの練習の音、
その音を聴きながら歩いていた
あの時の感覚が鮮明に思い返されます。
頭の中でも記憶しているし、五感でもきっちりと記憶しています。
在学中はそれが当たり前となっていたあの環境が、
卒業して登下校であの坂道を通ることがなくなった今になって
本当に恵まれたものだったなと感じます。

他大学の友人達は「大学では高校生の時ほど勉強しない」と
言ってる人が多かったです。
でも私は高校の時と変わらないほど猛勉強したと思います。
少人数の大学だからこそ、文字通り厳しくも愛のある、
1人1人をしっかりと見てくれる授業が多くありました。

都会の喧騒から遠ざかったあの丘の上で
「学び」に徹する環境が完璧に整った場所。

やる気と明確な目標に満ちた友人達に切磋琢磨され
自分自身も大きく成長出来る場所。

いつでも心から信頼できる先生方、職員の方がいてくれる場所。

それが神戸女学院大学だと思います。

長期休暇の過ごし方

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。

今日は長期休暇の過ごし方について書きたいと思います。
大学生の夏休みと春休みは、どちらも約2ヶ月もあります!

実はこの長期休暇をどのように過ごすかで
卒業後の人生や就職活動に影響する、そんな貴重な機会です。

長期休暇で留学に行ったり、ボランティアに行ったり、
旅行に行ったり、アルバイトや勉強や趣味に没頭したり、
人それぞれだと思います。

私は3年生の長期休暇を利用して
カンボジアに教育ボランティアへ行ってきました。
1・2年生の時に地域の小学生の課外活動などの
ボランティアをしていたことと、
留学で培った力を活かしたいと思い、
このボランティアを選びました。
水道もガスも電気も通ってない村でホームステイをしながら、
村の小学校で日本語と英語の先生をする内容のプログラムです。

このボランティアは自分自身でインターネットで探しました。
このように自ら動いていく積極性を
大学生活の長期休暇で身につけられます。
人それぞれ、工夫して長期休暇を過ごしていたので、
休暇後に大学の友人と会うと一段とたくましく
成長した姿を見ることができました。

このように大学生活の長期休暇は
私にとって本当に大切な期間でした!
私は趣味が1人旅なのですが、
1ヶ月間イングランド全土を1人で旅したり、
英語が通じない地域をジェスチャーで会話しながら1人で旅したり、
長期休暇でとても度胸がついたと同時に
新たな自分を発見することが出来たと思います。

写真はカンボジアのアンコールワットです!

卒論提出完了(^O^)

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。

無事に卒業論文を提出し終え、
神戸女学院大学での授業もとうとう終わってしまいました。
正直なところ、嬉しいより寂しい感情の方が大きいです。

入学当初は英語で20ページ以上も
卒業論文を書けるかな...と思っていましたが、
入学してから何度も何度も英語で書いたエッセーのお陰で
知らない間に力がついていたようです。

入学式の際に先生が
「この大学が第6、第7希望の大学だったとしても、
卒業する時には一番になっている」
と、おっしゃられていましたが、その通りだと思います。
神戸女学院大学に入学したからこそ、
体験できたこと、知ることができたこと、沢山あると思います。
多様性に富んだ素晴らしい先生方に
巡り会えたことは幸運だったと思います。

学生生活を振り返ると、やはり大学生活が一番印象的です。
そのような貴重な期間を神戸女学院大学で過ごせたことを
本当に幸せに思います。


チェコ旅行

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。

年末年始にチェコのプラハとチェスキークルムロフに行ってきました。
現地は-7°で完全に行く季節を間違えましたが、
時計の針が中世の時代のまま
止まってしまっているのではないかと思うような建物が多く、
また街自体が世界遺産と言われるだけあって
美しく歴史を感じられる街でした。

神戸女学院大学の授業の特徴として、
他学科の授業も受講可能ということが挙げられます。
私は英文学科ですが、ヨーロッパの歴史と西洋美術に興味があり、
総合文化学科専門の授業でヨーロッパに関係する授業をいくつか受けました。

そこで蓄えた知識を持って学生時代はヨーロッパ旅行に出掛けていました。

また、私は神戸女学院大学に入るまで
キリスト教には全く縁も知識もありませんでした。
1年生の時に授業でキリスト教について学んだお陰で、
ヨーロッパに留学した時も、外国人の友人と宗教の話をする時、
すぐに相手の言っている事を理解出来ました。
大聖堂を訪れた時も「これは授業で習ったあのことかな~」と
考えを膨らますことができたので、
本当に学んでおいて良かったなと思います。

知っておいたら人生もっと楽しめるだろうなという授業を沢山取れたし、
何年か働いた後イギリスに戻って、美術史のマスターディグリーを取得する
遠い未来の夢も出来ました。

世界遺産のカレル橋と霧で霞んだ世界遺産のプラハ城と、
モルダウ川の3点セットが撮れたという写真です。


受験生の皆さんへ

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。

センター入試も終わり、もうすぐ一般入試の前期日程が始まりますね。
体調には気を付けて頑張ってください!

私は神戸女学院大学の公募制推薦試験を受験した際、
お腹を壊してしまい試験に集中出来ない上に、
恥ずかしくて途中退出の手を挙げることも出来ず、
試験中ただ腹痛に耐えていたという苦い思い出があります。
身体をしっかり温めて、万全な体調で、
試験だけに集中出来るように臨んでください。

こうした事もあり、
私は再び一般入試の前期日程を受けることになりました。

「あと4日しかない」と焦ってる時、
「あと4日もあるんだよ。最後の1分までも可能性を持ってるんだよ」
と知り合いの方が激励してくださったことを鮮明に覚えています。

受験会場に行くまでの電車の中で
最終確認していた英単語全てが実際の試験に出てきたという、
問題を解いていて目を疑うような奇跡が起きました。

当たり前な話かもしれませんが、
本当に最後の最後までチャンスはあると思います。
だから最後の1秒まで力を出し切ってください。

あとは長い目で見ると、自分にとって一番最適な道に進めるように
人生出来ているいるのだなと思います。

なので焦らず、最後まで諦めずに、
ラストスパートかけてくださいね。
必ず上手くいきます(^O^)

皆さんが神戸女学院大学に入学されることを
首を長く長~~~くしてお待ちしております!
最後の最後まで応援しています。

写真は図書館本館です♪

ピラティス

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。

神戸女学院大学には体育学の授業があります。
高校生までのような体育ではなく、
エクササイズ感覚で楽しめるものばかりです。

私が1年生の時は必須授業で体育がありましたが、
2年生からは、ヨガやトランポリン、エアロビクスなど
選択として好きな授業を取ることができます。
私は現在、ピラティスの授業を取っています。
先生は個人個人に適したアドバイスをしてくださり、
日頃から姿勢や身体のズレを意識するようになりました。

最近はヨガやピラティスを習いに行かれる方もおられますが、
学校で授業の一つとして学べるって嬉しいですよね!

この写真はシェイクスピア・ガーデンです。
シェイクスピアの作品に出てくる約100種類の植物が植えられ、
季節ごとに様々な花が咲きます。





岡田山祭

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。

今年の岡田山祭は10/21と22の2日間に渡って行われました。
私たちはゼミで卒業論文のポスターを展示しました。
また、私のゼミのフィリピン出身のヨランダ教授と
今年の4月から神戸女学院大学に来られたポーランド出身のモニカ先生とで
フィリピンのグッズとポーランドのグッズを売り、
その収益をフィリピンに寄付しました。

1年生の時に、英文学科のクラス全員で
フランクフルトを売ったことが昨日のように思えます。
あっという間の学生生活だったなと感じます。

神戸女学院大学に来て多くのものに恵まれました。
その一つが友達です。
1年生の時のクラスは、私の時は20人ほどいたのですが、
グループというものがなく、皆が皆、仲良く、
膨大な課題も協力し合って乗り越えてきました。

神戸女学院大学で出会えた友人は
私の人生で出会うべくして出会った人達なんだと思えるほど
素敵な人々ばかりです!

写真は、神戸女学院大学の丘を登ると
一番最初に出迎えてくれるステンドグラスです。

卒業論文

こんにちは!
文学部英文学科4年生のウキです。

最終学年になると授業が少なくなる代わりに、
卒業論文が待っています!!!

神戸女学院大学の英文学科の卒業論文は、
英文で最低20ページ以上という決まりが設けられています。

私はグローバル・スタディーズコースの、
移民やジェンダーを学ぶゼミに属していて、
卒業論文は日本のムスリムについて書いています。
日本人の非イスラム教徒と、日本に住む外国人イスラム教徒の方々に
アンケートを取ったり、参考文献等を用いながら作成しています。

このテーマで論文を書こうと思ったのは、
留学を通して中東の文化に興味を持ったことがきっかけです。
また、タイムリーな分野であることも理由の一つです。
20ページ以上となる気が遠くなりそうですが、
実際の声を聞きながらまとめているので、
新たな発見が多くありとても楽しいです!

私のゼミではさまざまなテーマで卒業論文を書いています。
韓国が好きな友人は在日韓国人について書いていたり、
フィリピン留学をした友人はフィリピン女性の日本への移民について書いていたり、
大学時代を通して興味を深めた分野について卒業論文を作成しています。
英文学科にいて感じるのは、皆、本当に海外が好きだということです。
友人からも刺激を受けながら、引き続き作成していきたいと思います。

写真は神戸女学院大学の図書館本館です。




留学について②

こんにちは!
文学部 英文学科 4年生のウキです。
前回の記事に続き、神戸女学院大学の留学制度を利用して行った、
私の英国ニューカッスル大学に10ヶ月間の留学について書きたいと思います!

私は「イギリス」に「4月出発」で、「約1年間」「大学に」
留学がしたいという沢山の条件付きでした。
この条件に見合った留学先がニューカッスル大学でした。
私の時は、ニューカッスル留学の前半が附属の語学研修施設で学び、
後半が大学の学部で現地の学生と一緒に学ぶプログラムでした。
初めての留学を経験する私にとって
非常に有難いプログラムだったのも決め手です。
このように様々な形の留学プログラムがあるので、
きっと皆さんが思う留学に出会えると思います。

また国際交流センターのスタッフの方が
親身に相談に乗ってくださるので、
初めての留学でも安心できました。

留学後半の学部ではイギリスとアメリカ文学を学びました。
海外特有の事業形態でもあるレクチャー(生徒200人程の講義)と
セミナー(生徒10人前後のディスカッションだけの授業)があるので、
予習復習はしてもし足りない程、勉強したことを覚えています。

エッセーの書き方にしても、文学を学ぶ時も、
神戸女学院大学の日々の授業で学んだことを
留学中も活かすことが出来ました。

写真はニューカッスル大学です!

20160727-2.JPG


20160727-1.JPG

Page 1 of 2
[1] [2] Next
スタッフ「ウキ」の紹介のページ先頭へ戻る