学生スタッフブログ「KC Blog」

卒業式

皆さんこんにちは‼
人間科学部 環境・バイオサイエンス学科4年生のゆうちゃんです。
桜の開花を間近に控えた季節となりましたね(⌒▽⌒)

さて、神戸女学院大学では先日卒業式がありました。
神戸女学院大学の卒業式はキリスト教形式で、黒系のワンピースかスーツを身にまとい、賛美歌を歌ったりします。他の大学では学位記を代表者が受け取ることが多いのですが、神戸女学院大学では学長から一人ずつ学位記を受け取ります。

また、賛美歌以外にも学院歌と「Beauty Becomes a College」を歌います。どちらの歌もとてもきれいなメロディーで、歌いながら改めていい歌だなと実感しました。

卒業式の後は茶話会を開き、軽食を食べながら、友人や先生方と写真を撮ったり、談笑を楽しみました。残念なことに、この日はあいにくの雨でしたが、とても良い卒業式でした。

そして、後日開催された謝恩会でも、友人や先生方と楽しいひと時を過ごすことができました。

神戸女学院大学で過ごした日々、思い出、学び、出会った友人や先生方など、神戸女学院大学での全てが私にとっての誇りであり、財産です。この大学生活を振り返ると、あっという間の4年間でした。改めて神戸女学院大学に来て良かったと心から思います。

この回をもちまして、私のKC Blogへの投稿は最後となります。
今まで、読んでいただきありがとうございました。
少しでも皆さんに神戸女学院大学の魅力を知ってもらい、そして、大学生活をイメージするためのお役に立てれば幸いです。
20150323-2.jpeg

神戸女学院グッズ

  • 2015年3月24日
  • Posted by nami

みなさんこんにちは。
文学部 総合文化学科1年のなみなみです。
最近ようやく春めいた気候になってきましたね!お出かけもしやすい時期になり、どこに出かけようか考えるだけでもわくわくします♩

さて、今回は、神戸女学院大学のオリジナルグッズを紹介したいと思います。オープンキャンパスに来られた方には、タイムスケジュールと一緒にこのオリジナルグッズをお渡ししているので、すでにご存知の方もいるのではないでしょうか?(*^o^*)

シャープペンシルやクリアファイル、付箋など、実用的なものも多く、何よりデザインがとってもおしゃれなんです。私も、シャープペンシルとクリアファイルを持っているのですが、使いやすく、お気に入りです♩

ファイルはストッパーがついていて「落ちないファイル」なんですよ!縁起もいいし何より使いやすいですね(^^)皆さんも是非オープンキャンパスに足を運んで、神戸女学院グッズをゲットしてくださいね♩

写真は、私が使っている神戸女学院グッズのクリアファイルとシャープペンシルです。
20150323-3.jpeg

派遣留学

みなさんこんにちは!
文学部英文科2年生のykです。

今回は派遣留学についてお話したいと思います。
神戸女学院大学には、目的や期間に応じて選べる5つの留学・研修プログラムがあり、派遣留学はその中のひとつです。派遣留学とは、交換留学で指定された大学へ1学期~1年間派遣される制度で、留学先の授業料が全額免除になったり、単位の読み変えも可能な留学プログラムです。

派遣留学は、人気が高く、求められる語学スコアやGPA(成績を表す数値のこと)も高いので、毎年学内選抜を通過できるのは10人前後と、正直とても厳しいです。
ですが私は、ずっと派遣留学生になることを目標にしてきました。派遣留学生になれるのは、どんな人たちだろうと考えながら、求められているものに近づけるように日々努力してきました。努力している過程で、自分が変わったり成長できたり、スコアや成績が上がったりした時はとても嬉しかったです。

もちろん、大変なこともありました。ずっと目標にしてきたにも関わらず、派遣留学の応募締め切り3ヶ月前あたりからは、応募を断念する選択肢も私の中で芽生えてしまうこともありました。

当初は、留学するための高いGPAを得るために、いい成績を取ろうと毎日一生懸命授業を受けていたのですが、気付いたら勉強が本当に楽しくなり、興味分野も増え、自然に一生懸命勉強するようになっていました。

そんな中、今度は今までなんとなく心の片隅にあった大学院に進学したいという気持ちが、どんどん強くなってきたのです。そして、大学院への進学準備をしなければならない時期に、留学をしてもいいのかと考えるようになりました。

派遣留学の応募の締め切りが近づいてくる中で決断しなければならなかったので、本当に焦りましたが、その間、たくさんの先生方や国際交流センターの職員方に相談に乗ってもらいました。 春休みになってからも毎日のように学校に行き、良い決断ができるように協力してもらいました。 おかげで、大学院への進学準備期間もしっかり取れて、留学もできるという、理想的な残り二年間のプランを作ることができました。少人数制の環境だからこそ、たくさんの方に一対一で相談に乗ってもらえたと思いました。だからこそ、進学も留学もどちらも諦めなくていい、私にとって最善の決断ができました。

そして、そんな日々を乗り越え、先日、派遣留学生選抜の合格発表の日を迎えました。嬉しいことに私は、第一志望の大学で勉強できるチャンスをつかむことがました。向こうの大学では、国際関係の学部に所属される予定で、米軍基地に関する勉強を進めたいと思っています。また、毎日大好きな英語を使える生活は、今から本当に楽しみです。本当にたくさんの方に感謝しています。

私は特にこの一年間で、高い目標を立てて努力することは、目標に近づくだけでなく、自分自身も大きく変われるということを実感しました。またそれだけでなく、たくさん勉強をして、多くの人の話を聞いた上で、良い決断ができるのだと思いました。

一生懸命勉強すると、興味があることが増えると同時に、より勉強したいと思うことが絞れます。勉強したい分野が絞れてくると、それにあった進路選択がいくつかできてきます。ただ、進路選択は、自分のこれからのことなので、どの選択が正しいかを見極めることがとても難しいです。 そこで、先輩や先生方などの意見をたくさん聞くことで、今後に対するイメージが膨らみます。それが良い決断に大きく近づける方法だと思います。私は、今回のことでこの流れがとても大事だということを学びました。

大学4年間は将来のビジョンが明確になると同時に、それに向かって行動しなければならない大切な時期です。高校受験や大学受験の時と比較にならないくらい、将来のことで悩むかもしれませんが、神戸女学院大学は少人数制の大学であり、先生や職員の方との距離も近く、一人一人に丁寧にケアをしてもらえます。そんな環境の中で4年間を過ごしてみませんか。受験生のみなさんが、素敵な進路選択ができるように応援しています。

写真は、ちょうど1年前に参加していた春季語学研修のときのものです。
20150316.JPG
オーストラリアのクイーンズランド大学で英語を勉強したことをきっかけに、長期留学をしたいという気持ちが強くなりました。
この一年間、その気持ちに支えられてきたので、このような写真は私の宝物です!

舞踊公演を観に行ってきました(*^^*)

  • 2015年3月13日
  • Posted by yuki

皆さんこんにちは!
人間科学部 心理・行動科学科1年生のyukirinです(^^)
ブログがなかなか更新できていませんでしたので、これからはどんどん更新していきたいと思います!

先日、兵庫県立芸術文化センターで行われた神戸女学院大学 音楽学部 音楽学科 舞踊専攻の第9回公演を観に行ってきました。

私自身もクラシックバレエを4歳のときから習っていて、踊るということがすごく好きなので、今までに行われた公演はほぼ観に行っています!

今年の公演は、同じ授業を受けている友達や、先輩が出ていたこともあり、今まで以上にとても感動し鳥肌が立ちました!

いつ観ても素敵です!

この写真は公演案内の写真です。

 

IMG_0320.jpg

神戸日帰り旅行!

  • 2015年3月 6日
  • Posted by みえ

みなさんこんにちは。
文学部 総合文化学科3年生のみえです!
先日、私は神戸女学院大学のトランポ・ロビックス部のみんなで神戸へ日帰り旅行に行ってきました(#^^#)

私は昨年の岡田山祭(神戸女学院大学の大学祭)での公演を最後に、トランポ・ロビックス部を引退しているのですが、夏休みに部員の予定が合わず、旅行をすることが出来ていなかったので、私たち3年生と現役部員で今回の旅行をすることになりました(*^▽^*)

近いようであまり観光をする機会がない神戸を満喫しよう!と異人館やルミナス2を楽しみました(^o^)/異人館では8館セット券を購入するとドレスを一着借りて写真を撮ることができたので、時間を忘れてわいわい盛り上がりました。また、ルミナス2ではクルージングディナーを楽しみつつ、神戸の夜景を堪能するしっとりとした時間も過ごせ、とても充実した一日を過ごすことができました。

S__10027010.jpg
DSC_0293.JPG
女子大ならではの旅を楽しむことができ、今まで以上に部員同士の仲が深まりました(#^^#) 入部から引退までのこの三年間、素敵な先輩、かわいい後輩、そして信頼できる同期の仲間に恵まれて、本当に幸せだったと改めて実感しました。
これからもたまには部活の練習に顔を出したり、ステージを見に行ったりしたいと思います。

この写真は一番のお気に入りだったフランス調の邸宅とうろこの家です。
S__10027011.jpg
S__10027015.jpg
まだまだ大学付近でも知らないところがたくさんあるので、卒業までに探索してみたいと思います。

映画『繕い裁つ人』

  • 2015年3月 4日
  • Posted by りこ

みなさんこんにちは(*^^*)
人間科学部 心理•行動科学科1年生のりこです。
3月に入り、心持ち暖かくなってきたような気がします。

さて、今回は神戸女学院大学の先輩である三島有紀子監督の映画『繕い裁つ人』についてご紹介致します(*^^*)

学生時代を兵庫県で過ごし、兵庫県と縁の深い監督が地元・兵庫の街を舞台に製作をされたしあわせを紡ぐ感動作ということで、とても話題になっている映画です^ ^
神戸女学院大学の図書館本館も映画のワンシーンで使われましたよ♫

私は先日、ロケ地の一つである神戸どうぶつ王国(旧 神戸花鳥園)に行ってきました(*^^*)

ここでは、オオハシやカンガルー、などにエサをあげることができたり、ゾウガメやアルパカ、ペリカンなど真近に見て触ることができたりと動物好きにはたまらない場所となっています(*^^*)

私はカンガルーにエサをあげることに成功しました!
20150304.jpeg
初めて触ってみて、エサまであげることができ、最初は少し怖かったですが、それよりも可愛さや楽しさが上回り、とても幸せな時間を過ごすことができました。

みなさんも機会があれば是非行ってみて下さい!


また、映画は感情移入が自然にでき、神戸の街並を堪能することができるとても心温まる作品となっています。

まだ上映中なのでこちらも是非ご覧になってくださいね(*^^*)
20150304 (2).jpeg

卒業茶会

  • 2015年3月 3日
  • Posted by ぴん

皆さんこんにちは(o^^o)
人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 4年生のぴんです。

先日、私が所属する神戸女学院大学の茶道部で卒業茶会が行われました。
卒業茶会は4年生をお客として招くお茶会で、3月に卒業する4年生にとって最後のお茶会になります。

まずお茶会はお濃茶から始まりました。お濃茶は普段飲む機会はあまりなく、改めて、茶道部では貴重な経験をさせていただいたと実感しました。
そして薄茶とお菓子をいただき、お茶席は終了しました。

その後、最後のお茶会を終えた私たちは、素敵なお花やメッセージが書かれた色紙を後輩たちから手渡されました。
とても嬉しく、感動しました。やはり茶道部は縦の繋がりを大切にし、伝統や思いを引き継いできている部活だと思いました。

改めて茶道部に入って良かったと思いました。

写真は頂いたお花とプレゼントです(o^^o)
20150303.jpeg

アメリカ留学その⑥

皆さん、こんにちは。音楽学部 音楽学科 声楽専攻 3年生のひかりです。
気づかぬ間に季節はどんどん春へと近づき、私の留学生活もあと2ヶ月を残すのみとなりました。今まで何度も帰りたいと願った日本ですが、今はアメリカでの大学生活が楽しく、もう少し長くアメリカにいたいと思う毎日を過ごしています。

さて、今回は私が留学している大学での留学生のための英語の授業についてお話します。

私は派遣留学という語学習得をメインの目的としない学部留学生として、ボーリンググリーン州立大学に音楽と教育を学ぶためにやって来ました。しかし一番の不安は、授業についていけるのか、ということでした。もし先生の指示が聞き取れなかったらどうしよう。もし宿題で出されるレポートを書き終えることができなかったらどうしよう。そんな私の不安をいつも解消してくれたのは、ESOLと呼ばれる留学生のための英語の授業でした。ESOLでは、私たち留学生が授業で困ることの無いように、スピーキングとライティングを学びます。声楽専攻の私にとっては、英語を学ぶESOLの授業がとても新鮮で楽しく、また、発言する力やアメリカ文化への理解も深めてくれました。ESOLは授業に留まらず、友達作りまでサポートしてくれます。ESOLのプログラムに登録しているネイティブの学生が、カンバセーションパートナーとして週に1回のペースで一緒にごはんを食べたり、スポーツ観戦をしたり、積極的に私たち留学生と英語で楽しい時間を過ごしてくれます。ESOLを通してできた友達や難しくも楽しい授業のおかげで、自分の英語力が向上していることを実感しています。

この写真は、カンバセーションパートナーと撮った写真です。
CCCC (2).png

これはホッケーの試合を観戦した時の写真です。
ホッケー.png

これはボーリンググリーン州立大学学内の写真です。
まだまだ雪は溶けずに、寒い日々が続いています。
雪.png

日本語教員

  • 2015年2月26日
  • Posted by moka

こんにちは!文学部 総合文化学科3年生のmokaです(*^^*)
3月も近づきだんだんと暖かくなってきましたね♪

早速ですが、みなさんは日本語教員をご存知ですか?
日本語教員とは母語が日本語ではない外国人に日本語を教える先生のことです。

私は大学に入った時、新しいことにたくさんチャレンジしたいと考えていました。
その一つが日本語教員養成課程を履修することでした♪
文化も国籍も違う外国の方に日本語を教えることに魅力を感じたからです。

3年生のときにはフィリピンの学生が本学に訪れ、私は初めて先生として日本語を学生たちに教える体験をしました。授業は15分ほどでしたが、そのとき「ただ日本語を教えることだけが日本語教員の役目ではない」ということに気づかされました。

日本語を教えるだけでなく、学習者の反応を肌で感じながら、より楽しい授業を提供することが日本語教員に大切だと授業を通して学びました。

来年は4年生になり実習が入りますが、学習者も自分も心から楽しいと思えるような授業作りを目指したいと思います(*^^*)

写真は実際にフィリピンの学生に日本語を教えた際に使ったものです。(裏面に磁石を付け、黒板に貼れるようにしました☆)
20150226.JPG

オススメの授業

  • 2015年2月25日
  • Posted by nami

皆さんこんにちは。
文学部 総合文化学科1年生のなみなみです♪
最近、寒い中でも少し暖かい日差しを感じられる日が多くなってきましたね。もう春がすぐそこまできてるんだと思うと、なんだかわくわくします♪

さて、今回は神戸女学院大学の私のオススメの授業を紹介したいと思います。私のオススメは基礎ゼミの授業です。総合文化学科の学生は1年生の前期から必修の授業として履修します。各先生の授業プランが掲載されているシラバスという冊子を見て、自分で自分に合ったゼミの先生を選びます。私は、前期は英米文学の先生、後期は社会学の先生のゼミを選んでいました。基本的に、一つのゼミの定員は20人程と少なめなので、一人一人と話す時間が増えて、より親しくなることができます。じっくりと話し合うことで、今まで考えもしなかった考え方や見方を発見できることがゼミの醍醐味だと感じ、とても気に入っています。

他にも神戸女学院大学には少人数の講義がたくさんあり、私が先日まで受講していた講義の中にも、受講生が20名程度のものがいくつかありました。学生同士はもちろん、教授との距離が近くて、気軽に質問ができたりするのが嬉しいです♪少人数制の授業は、神戸女学院大学ならではの魅力的なポイントだと思います。

また、2年生になると、ゼミは文献ゼミという名に変わり、さらに専門的な分野を学ぶようになります。これからもまたどんなことを吸収していけるのかを楽しみにしつつ、春休みを過ごしています(^^)皆さんも、ゼミをはじめ、神戸女学院大学の少人数制の授業を楽しみにしていてくださいね。

近頃は、暖かい日が続くかと思えば寒さも感じる日があったりと、まだまだ油断できない日が続きそうです。しっかり防寒対策をし、うがいや手洗いをして、受験を乗り越えていきましょう。

写真は基礎ゼミ最後の授業でみんなでピザパーティーをした時のものです。大学に入ると、こういう楽しみもあります(^O^)
楽しい大学生活が待ってますよ!頑張ってください!
20150225.jpeg

Page 31 of 63
Prev [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] Next
KC Blogのページ先頭へ戻る