学生スタッフブログ「KC Blog」

総合文化学科での学び

  • 2016年2月 9日
  • Posted by みえ

みなさんこんにちは!
文学部 総合文化学科4年生のみえです。
受験シーズン真っ只中ですね。
受験生のみなさんが全力を出し切れるよう応援しています。

さて、私は先日、大学生活最後の授業が終わりました。
四年間、神戸女学院大学でたくさんの経験をし、多くのことを学びました。

今日はそんな総合文化学科についてお話をしたいと思います。
私は、高校生の段階で行きたい学部が定まっていない
受験生の方にはよく、総合文化学科をお勧めします。
総合文化学科では様々な分野の学びをすることができるからです。
3年生で卒業論文を書くゼミを選択する時も、
1~2年生の2年間で合計4回のゼミ(基礎ゼミ)で
いろんな分野を学んでから選択することができます。

実際に私も高校生の時に受験生ルームやオープンキャンパスに行った際に
総合文化学科は幅広い学びが魅力と先輩に説明していただきました。
しかし私はもう学びたいことが決まっていたため、
何でも学ぶことが出来るという総合文化学科の長所を聞いた時、
やりたい分野の学びを深めることができないかもしれないと不安を抱いていました。

しかし、そういった心配も大学に入るといつの間にか消え、
四年間の学生生活を振り返ってみると色々な分野を学びつつ、
やはり高校生の時から学びたかった古典文学を
しっかりと学ぶことができました。
日本語学、メディア学、古典文学、観光学、女性学、近現代文学といった種類の
違う色々な分野にチャレンジしつつ、ゼミでは古典文学を集中的に学ぶことで
古典文学を高校生の頃とは違う様々な視点から見ることが
出来るようになったと思います。

私は源氏物語を学びたいと思っていたのですが、
卒業論文では光源氏が女性に求めた理想について調べました。
普段の古典の学びを軸にテーマを決める際には女性学の知識、
時代と人物の価値観について考える際には近現代文学や社会学、
古語の特徴については日本語学の知識が役立ち、
四年間の集大成である卒業論文が出来上がったと思っています。

大学は自分で授業を選択することができるので
四年間の学びを濃くすることも広くすることも可能です。

是非、魅力的な授業に夢を持ち、大学生活を楽しみにしていてくださいね!

写真は私の卒業論文です。

20160208.JPG

♪音楽館の練習室♪

みなさん、こんにちは。
音楽学部 音楽学科 ピアノ専攻1年生のさいとうです。
この頃は寒さの中にも、芽吹きが近づいているように思います。
受験生の皆さんはいかがお過ごしですか?

神戸女学院大学では、1月は寒い時期ならではの催しがあり、
私たちを楽しませてくれます。

カウンセリングルームでは、料理やお菓子作りの催しがあり、
学生からとても人気があるんですよ。

20160202-1.jpg
20160202-2.jpg

さて、今日は私の大学での日常風景をご紹介します。

これらは練習室での写真です。

20160202-3.jpg

陽当たりがよく、眺めも綺麗なんですよ。


こちらは同じ練習室にて撮影した2枚の写真です。

20160202-4.jpg
20160202-5.jpg

上は春に撮った床カーペット。
下は最近のものです。

少し違うのに気がつきましたか?

上の写真のカーペットは、長期間みんなが同じところに踵を置くからか、
穴が開いてしまっているのが面白くて、昨年の春に撮っておいたものです。

それが、なんと!先日張り替えられていて嬉しかったため、またパシャリ。

音楽学部の学生にとって、練習室を使うことは日常です。
空きコマがあるとき、早く大学に着いたときなど、
少しでも時間があると、レッスンに向けて練習しています。

20160202-6.jpg

最後に、帰りの門から見える夕陽が綺麗だったので、もう一枚。

高校生の皆さんも風邪を引かないように、
手洗いうがいやマスクで対策をとってくださいね。

神戸女学院大学の実験☆

  • 2016年2月 5日
  • Posted by asuka

こんにちは(*^^*)
人間科学部 環境・バイオサイエンス学科3年生のasukaです!!

今回は環境・バイオサイエンス学科の「実験」
についてご紹介します!
神戸女学院大学では1年生の時から
白衣を着て実験をしています!
高校の時とは違って、見たことない実験器具や
聞いたことのない専門用語が飛び交うのですが、
先生方が器具の使用方法や言葉の意味を
とても丁寧に説明してくれるため、
理解しながらしっかりと実験ができます!
班で実験を行うため、互いに協力しながら実験を進めます。
実験が好きな人は今まで経験したことのない
実験ができる楽しみがあります。
また、実験が苦手な人でも面白いと思える実験もあり、
今までに様々な実験をしてきました!

例えば、自分の手についている細菌の調査や
筋肉細胞と肝臓細胞の見分け方などを学びました!

一番最近行った実験は豆腐を作る実験です!

20160204-1.JPG

食品学基礎実習という授業で行いました。
この授業ではジュースのビタミンC含有量の測定や
緑茶と紅茶のタンニン含有量の比較など
身近なものを試料とし、実験を行いました。

授業最終日の実験が豆腐を作る実験でした!
温度を測りながら混ぜ加減も注意し、
私にとって初めての豆腐作りでした!

20160204-2.jpg

最後はみんなで試食しました。

半年間の授業でしたが、本当に興味のある内容且つ
わかりやすい実験だったので、とても有意義な半年間でした!

音楽学科って...

皆さんこんにちは♪
音楽学部 音楽学科 声楽専攻4年生のひかりです。

冬休みが明け、期末テストに追われたのもつかの間、先日、
声楽専攻生の実技の卒業試験が講堂で行われました。
期末テストでも何度も立った講堂の舞台が、
いつもより一層大きな舞台に思え、緊張で脚が固まってしまいました。
演奏が始まると、歌っている自分を上の方から見ているような
錯覚にとらわれる程、度を越えた緊張に襲われました。
ですが、今までの練習のおかげで、身体が試験曲をしっかり
覚えてくれていたので、無事に卒業試験を終えることができました。

さて、神戸女学院大学で音楽学科生として4年間を過ごすと、
他学科の友達から色々な質問を受けることがあります。

「音楽学科って...、大学では何をしてるの?」
「音楽学科の学生はみんなプロになりたいと思っているの?」
「声楽専攻のみんなって、やっぱりカラオケ上手なの?」

などなど、他学科の学生に比べて人数が少ない音楽学科生は
神戸女学院大学では謎が多いようです。

そこで今日は、この3つのよくある質問にお答えしたいと思います♪

まず、音楽学科の私たちが大学で何をしているかということですが、
主専攻の楽器や歌に加えて様々な副専攻や音楽専門の科目を
音楽館で学んでいます。
他にも音楽以外の幅広い授業を他学科のみんなと一緒に履修しています。
音楽学科では、音楽だけを学んでいるように思われがちですが、
心理学や言語学なども学びます。
特に私は副専攻の「通訳・翻訳プログラム」を受講しているので、
音楽館での授業がない日もあります。

そしてもちろん、音楽学科の学生全員がプロになりたいと
思っている訳ではありません。
小学校や中学校の先生になりたい友達、ミュージカルを目指している友達、
自分の音楽教室を開くことを目指している友達など、本当に様々です。
卒業後にプロとして活躍される方ももちろんいますが、
一般企業に就職する学生もいます。

きっとカラオケが上手!というイメージも強いようですが、
残念ながら声楽を専攻しているからと言って、
カラオケが上手というわけでもありません。
私がカラオケで歌うと、声楽の声の出し方から離れられず、
どんな曲もオペラのように聞こえてしまいます。
なので、全然上手に歌えません...。

まだまだ寒い日が続く中、私の所には早くも花粉が到来したようで、
春の気配をすぐそこに感じます。
あともう少し、受験生の皆さんのように
私もこの冬を精一杯頑張りぬきたいと思います。

写真は講堂での試験を友達が遠くから撮影してくれたものです。

20160203.JPG

♪インターネットピアノレッスン♪

こんにちは。
音楽学部 音楽学科 ピアノ専攻1年生のさいとうです。

暖かい陽射しのある日も徐々に増えてきましたが、
まだピアノを弾く手のかじかみが止まりません。
なので、まだ練習室での暖房が欠かせない日が続いています。

20160205-1.jpg

今日は、先日受講したインターネットピアノレッスンの様子をご紹介します。
こちらがオルチン館の合奏室にて、インターネットピアノレッスンの様子です。
(写真は受講している友達の様子です)

20160205-2.jpg

テレビ画面に映っているのは、神戸女学院大学の協定校である
モーツァルテウム音楽大学の教授、ロルフ・プラッゲ先生です。
なんとオーストリアから生中継で、レッスンをしていただきました!

最初は、ピアノの前に座っても緊張が止まりませんでした。
ですが、優しくて、メロディーを重んじる笑顔の素敵な先生だったので、
途中からはリラックスして楽しくレッスンができました!

学生の隣に立っているのは、同時通訳の先生です。
丁寧に解説してくれて、とても安心しました。

20160205-3.jpg

ちなみに、音楽学部のインターネットピアノレッスンや
ピアノ特別レッスンを受けるためには、
このような用紙に書いて提出するんですよ!(^^)
掲示板をよく見て、申し込めば、人数に限りがあることもありますが、
誰でも受講することができます。

私は、大学生活動に慣れていくには、常に色々なところにアンテナを張って、
様々な活動に参加することが一番だと思います!

もうすぐ1年生も終わりですが、2月の実技試験を頑張ります!
高校生の皆さんも、新たに始まる一年を楽しみにしていることと思いますので、
一緒に頑張りましょう!

キャンパスライフ

  • 2016年2月 1日
  • Posted by Hikaru

みなさんこんにちは!
文学部 英文学科2年生のHikaruです!
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

神戸女学院大学では、1月はテストの時期なので、
多くの女学院生が朝早から大学で勉強していました。
私も朝早く大学に登校し、勉強していました。

そして、1月末頃から春休みに入りました!
私は春休みの間、学内にあるAVライブラリーに通って
映画を観ようと考えています!
AVライブラリーにはたくさんの映画のDVDや
TOEICのリスニング教材があるんですよ。
なので、普段の空き時間をここで過ごす人も結構います。

まだまだ寒い日が続いているので、特に受験生のみなさんは
風邪には気をつけてください(^^)

20160201.JPG

学生スタッフ座談会第2弾!!「入試前日の過ごし方」

  • 2016年1月25日

みなさん、こんにちは!
今日は、KC Blog学生スタッフによる第2回座談会をお届けします!!
今回のテーマは、「入試前日の過ごし方」についてです。

人間科学部 環境・バイオサイエンス学科3年生のasukaさんと文学部 総合文化学科 1年生のやすさんと音楽学部 音楽学科 ピアノ専攻1年生さいとうさんの3人に、神戸女学院大学の試験前日や受験勉強についての話をしてもらいました!
それでは、早速どうぞ!

Q:神戸女学院大学を受験した試験前日のことを教えてください!
P1120352.JPG asuka「公募制推薦入試だったやすは入試前日はどのように過ごしてたの?」
やす「普段間違えやすかったり、不安やなと思う問題を全て書き出した1冊のノートを作っていて、そのノートを見直しました。いつもと違うことをすると、落ち着かなくなるんですよね。だから、いつも通り、朝から学校に行って、授業を受けて、家に帰ってからも友達と電話したり...。『明日入試やねん(笑)』とか言って、入試前日とは思えないような前日を過ごしました。」
asuka「いつも通りの勉強や過ごし方をしてたんだね。私もやすと似てるかも。あと、朝起きれるか不安じゃなかった?私はちょっと不安だったから、早く寝たんだけど...。」
やす「私も普段と変わらない生活をしながらもやっぱりソワソワしたので、寝る前にさっきのノートを見て『いける。私は大丈夫や。』って言い聞かせて少し早めに寝ました。」
P1120341.JPG asuka「いいね!言い聞かせるのも大事!その、やすの自信はどこから来てるの?」
やす 「高3の時、授業中に関西にある大学の過去問を高校の先生がたくさん持ってきてくれたので解いて。解いてる時は、『自分はこの学校に行かないのに...』なんて思ったりもしてましたが、たくさん解いたことも自信につながりましたし、神戸女学院の入試と似た傾向の問題もあったので、めっちゃ役立って。高校での普段の授業が当日の自信につながったんだと思います。」
asuka「高校での授業や普段からの勉強を大切にして自信をつけていったんだね!高校生のみなさんも自信をつけるためにも、今を一生懸命頑張ってください!!」

Q:勉強の話が出たので、受験勉強のことも教えてください!
P1120297.JPGさいとう「私は赤本で受験勉強をしていたので、本番の問題用紙のサイズが大きくて、うわぁ、問題大きい!と少し驚きました。」
asuka「そうなんだね。やすも赤本のサイズとの違いには驚いた?」
やす「私は拡大コピーをして赤本を使っていたので、驚きはなかったですね。実は、赤本を数冊持っていて、復習するための書き込み用・勉強用など自分なりに使い分けていました。」
asuka「すごい活用方法だね。赤本は本番より少し小さいサイズなので、そのギャップをなくすためにコピーをしたんだね!で、赤本でどれくらい点数を取るように頑張ってたの?」
P1120348.JPG やす「高校の先生に八割ぐらいはできるようにと言われていました。英語の問題には最後に要約や英作文の記述問題があるので、自分では採点しづらかったのですが、だいたいそれぐらい取れるように意識していました。」
さいとう「私も赤本は何度も解きました。asukaさんはどんな風に受験勉強をしていたんですか?」
asuka 「私は指定校推薦入試だったから、高校での日々の勉強と面接の練習をしていたよ。高校の先生と練習をしたり、友達と休み時間に練習したり。なぜ女学院に行きたいのか、すごく考えた。」
P1120278.JPG やす「私もどんな女学院生になりたいか、高校時代に何をしていたかなど、自分についてよく考えていました。入試って、今までの自分やこれからの自分を考える機会の1つでもある気がしますね。」
asuka「そうだね。勉強することはもちろん、モチベーションをあげるために大学生になった自分をイメージするのも大切だね。受験生のみなさん!勉強をする時には素敵な未来を想像しながら頑張ってください!」

みなさん、いかがでしたでしょうか?
受験生のみなさんは、これからが本番へのラストスパートで大変なこともあるかと思います。 最後まで諦めず、ぜひご自身の希望を叶えてほしいと思います。
1/23(土)には受験生ルームも開室しております。
モチベージョンの維持のためにも、ぜひ、神戸女学院大学のキャンパスにも足を運んでみてくださいね。

学生スタッフ座談会「入試の当日に気になったこと」

  • 2016年1月20日

みなさん、こんにちは!
今日は、KCBlog学生スタッフによる座談会をお届けします!!
第1回目のテーマは、「入試の当日に気になったこと」についてです。

人間科学部 環境・バイオサイエンス学科3年生のasukaさんと音楽学部 音楽学科 ピアノ専攻1年生さいとうさんの2人に、神戸女学院大学での入試の当日に気になったことについての話をしてもらいました!
学部や入試方法の違う2人の学生ならではの話が出てきた座談会となりました!

Q:実際に神戸女学院大学を受験した当日に気になったことを教えてください!
P1120370.JPG asuka「試験の日って皆どうしてるのか気になることって色々あったよね。当日は制服で受験に来た?それとも私服?」
さいとう「私は制服で来ました。一般入試A日程で受験したのですが、とても寒かったので、カイロ3個も持って行きました!実技のピアノ演奏で、指がかじかまないように、防寒対策は万全にしていて...。タイツも150デニールの分厚いものを履いていきました!asukaさんはどんな服装でしたか?」
asuka「私も制服だったよ!!私は指定校推薦で受験して、季節的にカイロが必要という程、寒くはなかったかな。」
さいとう「季節によって防寒とかもそれぞれですね。音楽学部の受験生は、ジャケットだと演奏しにくいので、演奏のしやすさを考えて、私服の人もちらほらいました。ところで、asukaさんは受験当日、何を持って行きましたか?」
P1120358-2.JPG asuka「私は筆箱・受験票・飲み物・ハンカチ・ティッシュ・腕時計は持って行ったよ。これといった特別な物は持って行かなかったけど、何か持って行って良かったと思うものってあった?」
さいとう「受験票はかばんに入れたか何回も確認しました!あと、お弁当と飲み物は持って行った方がいいと思います。緊張するとすごく喉が渇いて、当日は何度も飲んだのを覚えています。」
asuka「そうなんだ~。忘れ物をしちゃうと余計に緊張するから確認は必要だね。ところで、緊張した時、さいとうちゃんはどうやってほぐすの?」
さいとう「私は伸びをしたり、深呼吸もしたりします。asukaさんは、どうしていましたか?」
asuka「実を言うと、私はあまり緊張しなくて。でも、緊張したときは、いつも目をつむって深呼吸をしてるかな。普段から、緊張したときにどうやってほぐすかを見つけておくことは大切だよね。」
さいとう「ほんとですね。」

次回は「入試前日の過ごし方について」話をしてもらいました。
お楽しみに!!

卒業論文について

みなさん、こんにちは。 
文学部 総合文化学科3年生のhitomi☆です。

みなさんは、素敵な年末年始を過ごせましたか?
今年は、学生生活最後の1年として相応しい1年になりますようにと祈願しました♪

さて、今回は総合文化学科の卒業論文についてお話します。

神戸女学院大学では、卒業論文の最終提出日が4年生の1月中旬頃です。
ということで、私の卒業論文の締め切りはあと約1年後です。

総合文化学科の卒業論文は、今まで大学で学んできた中で最も興味を
持ったテーマを研究テーマとして選びます。
そして、たくさんの文献を用いて調べ、自分の意見や考えを筋道を立てて
論理的に執筆します。
これが、神戸女学院大学での4年間学びの集大成として
提出する卒業論文になります。

3年生の私は今、研究テーマを選ぶためにたくさんの文献を調べています。
今までは神戸女学院大学の図書館のみで調べ物をしていたのですが
このことがきっかけで、西宮市や大阪方面などの様々な図書館にも
行くようになりました。
今では図書館巡りが楽しくて、少し遠いところにも足を運んでみようかと
検討中です!
興味のあることを調べる勉強がとても楽しいです。

このように、ここ最近ではたくさんの図書館で、文献探しをしていますが、
やはり1番落ち着くのは神戸女学院大学の図書館です!
何度見ても、趣きがあって、とても綺麗だと思います。

そして私は今、入学当初の希望分野とは全く異なる勉強を
しているのですが、このような学びができるのも総合文化学科の
最大の魅力だと感じています。
なので、本当に総合文化学科に入学して良かったです。

写真は、神戸女学院の図書館の写真です。
また大学見学に来られた際は是非お立ち寄りください。

20150113.jpg

冬の神戸女学院

  • 2016年1月15日
  • Posted by みえ

みなさんこんにちは!
文学部 総合文化学科4年生のみえです(*^^*)
今日は冬の神戸女学院大学をご紹介したいと思います(*^^*)
少し季節外れになってしまいますが、
神戸女学院になくてはならない行事、クリスマスです!

神戸女学院大学はキリスト教主義の大学なので教職員の方々による生誕劇、
音楽学部が演奏なども行うクリスマス礼拝、讃美歌を歌いながら行う点灯式など、
たくさんのクリスマス行事が行われます!
先生方の意外な一面を見られたり、美しい校舎で幻想的な時間を過ごせたりと、
またいつもとは違った素敵な時を過ごせるので、
クリスマスが近づくとどきどきしますよ(*^^*)

私は今年で卒業ですが、卒業生も参加できるクリスマス礼拝もあるので
来年以降も神戸女学院大学に足を運びたいと思っています!
この時期には大学内にポインセチアやクリスマスリース、クリスマスツリーなどの
たくさんの飾り付けがされ、歴史ある校舎に映えてとても幻想的で素敵です。
食堂では期間限定でクリスマスメニューが出るので、
これも毎年楽しみにしています(*^^*)

また、今年は体育の授業で「サンタコスプレをしながらダンスを踊ろう!」
という企画をたて、クリスマス気分を味わいました^o^

1年生は体育の必修授業がありますが、2年生からは希望の種目を
履修することができます。
これらの授業は、和気あいあいとした雰囲気の中で行われるので、
他の学部、学年の人とも仲良くなるので楽しいですよ!
私は4年間でヨガ、社交ダンス、ジャズダンスを履修しました(^o^)

今回、このクリスマスの企画をしたのはジャズダンスの授業なのですが、
テストのときには自分で決めた衣装を着たり、
振り付けの一部を自分で考えたりと変化があって面白いです。

みなさんは楽しいクリスマスや年末年始を過ごせましたか?
受験のラストスパートで忙しいかと思いますが、息抜きをしつつ
充実した毎日を送ってくださいね(*^^*)

写真は今年の食堂でのクリスマスメニューとジャズダンスでの
サンタのコスプレです(*^^*)

20160112-1.jpg 20160112-2.jpg

Page 14 of 55
Prev [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] Next
KC Blogのページ先頭へ戻る